ガンダムOO感想。

一週飛ばしての感想ですが、ルイスと沙慈が哀しい;
刹那と隣人だった頃から、ガンダムの組織に属していたという誤解…。
ルイスが誤解するのも無理はないですが、沙慈がかわいそうですね(><)
一方、まさに「殲滅」という言葉が似合う戦いが続いています。
スメラギさんの戦術はきっと、サスガなものなんでしょうね。
耐えるときは耐え、攻めるときに一気に攻める。
あ、なんだか少し前に「そのとき歴史が動いた」でやっていた、三国志の曹操を思い出しました(笑)
動くべき時を見極めていた、というようなことを言っていたので。
まぁそれはいいんですが、今回はロックオンが活躍しましたね。マイスター全員の協力戦といった感じでした。
気になったのが、皆が彼を「ロックオン」と呼ぶのに、フェルトだけが本当の名(?)で呼んでいたこと。
フェルトにとっては「ロックオン」はやはり、あのロックオンしかいないんですよね。
他の皆が同一視しているというわけじゃありませんが。

ソレスタルビーイングの作戦成功により、嫌味なマネキンの同僚がご退場。(多分)
本当に人がよく死ぬ話ですよね;
だからこそ余計に、どういった終わりを迎えるのか興味深いです。
[PR]
# by rakuraku-cafe | 2008-12-29 22:51 | アニメ・漫画

ガンダムOO感想。

一週飛ばしての感想です。
先週はハレルヤの復活という驚きの展開でしたが…。
マリーがいずれ戦場に戻ることになるのでは、という予感があります。
スメラギさん…カタギリと5歳差だったんですね(笑)

先週ソレスタルビーイングに可愛らしいメンバーが入ってきましたが、さっそく怪しいですね。
マリーが外部から感じた脳量子波(リボンズからの)は、彼女に向けられていたっぽいですし…。
王留美とネーナの関係が気になっていましたが、兄を殺した組織に出資しているというような台詞があったところを見ると、ネーナの方には複雑な思いがあるようですね。
ネーナの気性を考えると、王留美を殺そうとしてもおかしくない気がしますが、王留美は易々と殺されたりしない気もします。

今週の最後でついに沙慈とルイスが互いの存在を認識しました。
戦いを止めることができるのでしょうか。戦い続けてしまうのでしょうか。
うーん…救いがない(笑)
ソレスタルビーイングの掲げる戦争の根絶という願いは、果たしてどのような結末を迎えるのか…気になります。
[PR]
# by rakuraku-cafe | 2008-12-16 00:02 | アニメ・漫画

web拍手ありがとうございました!

24日に八雲のバレンタインイラストの感想を下さった方、ありがとうございました♪
お返事が遅くなり、申し訳ありません^^;
大変励みになりました!
スクラン絵をとんとアップしておりませんが、またクリスマス絵か新年絵などで描きたいと思います。
ありがとうございました!
[PR]
# by rakuraku-cafe | 2008-12-03 17:58 | 日記

ガンダムOO、第9話感想。

OO感想です。
家族を殺した組織に刹那がいたことを知ったロックオン(弟)の反応は、意外なものでした。
怒りは見せずに「未来を生きる」と。
それによって、ティエリアのイノベイターに対する反発が揺らぐのですが、人と人との関係について考えてしまいます。
誰かとの関係や想いに、次の行動が左右されることはよくありますよね。
OOでは、敵と味方に分かれて戦うかつての同級生(スメラギさんとマネキン)、憎しみのため愛する人を知らずに傷つけているかつての恋人同士(沙慈とルイス)と、敵味方の区分が皮肉なほど悲劇的に入り組んだ関係で、争いが続いています。
物語なのでドラマティックに分かり易い人物関係になっているとは思いますが、憎しみは巡り巡って人を傷つけるということをはっきりと感じる、そんな構図ですね。

そういえば、ミスター・武士道は周りから勝手に呼ばれているニックネームなんですね(笑)
まぁ考えてみれば自分から「武士道だ」はないですよね…!
うーんでもグラハムならありうるか…(笑)
[PR]
# by rakuraku-cafe | 2008-12-03 17:53 | アニメ・漫画

ガンダムOO、第8話感想。

今回はパーティーに潜入する話ということで、舞台が戦場じゃなかったせいか、いつもと違った緊張感がありました。
ルイスのお洒落着姿が可愛い!
…のですが、セルゲイジュニアが窓ガラスに反射する姿を見ていたのには思わず笑ってしまいました。(ムッツリっぽくて・笑)
女装のティエリアとリボンズが踊るシーンもなかなか見応えがありました。
本人たちの会話は穏やかなものではありませんが、周りの人たちは「優雅だな~」という感じで見ていたんでしょうね(笑)
刹那とルイスが話しているところにカタギリが接近する場面は、ハラハラ。(ソレスタルビーイングだとバレるのも怖いですが、カタギリの恨みは忘れられない)
沙慈とルイスがいつか再会するのか、それがどんな形なのか気になります。平和な再会は望めなさそうですが…。
王留美の思惑、望みが一番分からないですね。一緒にいて彼女を補佐している青年が兄らしいことも、また謎の一つです。
[PR]
# by rakuraku-cafe | 2008-11-25 17:06 | アニメ・漫画