スクラン、コミックス最終巻まで読みました。

先日ついに読み終えてしまいました~!
最終巻と、その前の巻を。
スクランも終わってしまったんですね~(><)
感動と、寂しさと両方です。
でもでも、読み終わった後、凄い!と感じました。
以下、ネタばれありの感想ですので反転してお読みください。
時間の経過を感じないスタイルの漫画もいいですが、スクランは切ないほどに学生時代を描き切っているなぁと思います。いろいろ決着つけているし、凄い。
烏丸の言動にも、納得。天満の幻を求めての独白シーンは、胸に迫りました。すごく好きだったんですね(><)
天満の想いの深さには、感動します。
播磨の想いにも、ですが(笑)惚れすぎですよね(笑)
播磨の状況なら、八雲にするか、愛理にするかどちらを選んでも幸せ…という状況ですが、播磨はまったくそんなことを考えるでもなく(鈍感なのもありますが)…でもそんなところも播磨の魅力ですよね。バカですけど(笑)

あと実は、晶→花井はちょっぴり予想していました!でもやっぱり、驚き。キスしたんですよね、あれは?
それから最終回でイチさんが今鳥を「恭介」と呼んでいたのを見て、ああ、上手くいったんだ!と思いました。
播磨はやっぱり天満が好きで……どうしようもないけれど、播磨らしくてそれもまたいいですよね。そもそも好きなものは好きなんですし。
最終回を読んだ後、なんだか切なくなってしまいましたが、スクラン、とても面白かったです^^

by rakuraku-cafe | 2009-02-09 23:46 | アニメ・漫画
<< ガンダムOO感想。 大河見てます。 >>